Peco’s Journal

いろんなこと書くよ

#46 感謝と肯定

初めて先輩に「ありがとう」って言われました。

 

きっかけは本当に些細なことで、例えば「先輩が落としたまま気付かなかったペンを拾って渡した」くらいのものでした。でもなんだか、その言葉を聞いた時にちょっとだけ嬉しかったんです。

 

仕事を始めてようやく1ヶ月、まだまだ覚えることは沢山あります。ようやく手順を覚えて形になってきた仕事も先輩方に比べたら全然上手くできなくて、だから、自分はこの職場に必要な存在なのかなぁ、って考えたりもするわけです。あんまりネガティブにはなりたくないんですが、仕方のないことです。

 

そういう時に貰える「ありがとう」とかそういった言葉というのは、自分の行動に対する肯定なんです。あなたのしたことは正しいよ、って言ってくれてるんです。

 

 

自分の存在意義について悩んでいたそんな時に貰えた初めての言葉が、なんだかとても嬉しかったんだ、という小さなお話。もしこれを読んでくれた方に後輩や部下がいるのなら、この話をちょっとだけ意識しながら声を掛けてみてください。

 

きっとそれは、彼らの成長に繋がることと思います。

 

 

ぺこ