Peco’s Journal

いろんなこと書くよ

勇気

 

駅の改札通ってホームの椅子座ってたら、なんか嗅ぎ慣れない匂いがして。なんだ?って近くを見渡したら隣に座ってたおっさんが堂々とタバコ吸ってたんですよ。いや、流石にビビった。

 

僕ね、こういう時にスパッと注意できる人ってすごくカッコいいと思ってるんです。「なんだお前!」みたいなのにビビらず一声かけられるのって、すごく勇気がいるし。かくして僕は、その「カッコいい人」になる千載一遇のチャンスを得たのでした。

 

でもね、やっぱり尻込みしちゃうんですよ。だって怖いじゃん?可愛いちびっこならともかく50くらいの大柄のおっさんだったんですよ?逆上されたらどうしよう、でもこのまま見過ごしたら今日一日ずっとモヤモヤするし…って葛藤がありました。

 

この時に僕が座っていた場所は、今日はバイト無いし溜まってた事やるぞーって意気込んでお出かけして、それを全部綺麗に消化しきっての帰りの駅のホームでした。10秒くらい悩んだんですが、ここまで全てが上手くいっているこんな良い日に、こんなところで悔いは残したくない、と意を決し、「お父さん、ここでタバコはマズいんじゃないですか?」って声を掛けました。いやぁ、何言われるかってめちゃくちゃ怖かった。

 

そう身構える僕をよそに、そのお父さんは「あぁ」なんてボソッと呟いてすぐ火を消してくれて、特に何もなく事態は収まりました。いや何もないんかい!なんてそう思いながら来た電車に乗り込み、そのまま帰ったところです。

 

 

今日はそんなお話。今日のこの経験が、いつかまた同じ状況に立った時、そんな時にまた僕の勇気のトリガーになってくれたら良いな、と思った出来事でした。

 

お父さん、タバコ吸ってるところ邪魔しちゃってごめんね。火消してくれてありがとう。

 

 

ぺこ