Peco’s Journal

愛称はぺこにっき。(@pecopeng)

#6 幸せの時間。

 

 

 

1日の長さってどれくらいだろうか。

24時間。1440分。86400秒。言葉で表すなら、朝から晩まで、なんて風にも言えるだろう。

 

 

 

そんな1日の中で、僕が小さな幸せを感じる瞬間がある。

 

 

 

 

朝。

出掛ける支度を終え、ドアを開け、一歩外に足を踏み出し、そこで鼻から吸う一息。

 

その一瞬、その日の最初の一息でのみ感じられる、外の世界の澄んだ空気の匂いが、僕はたまらなく好きなのだ。

 

 

もう一度その匂いを感じようと空気を吸ってみても、二度目からはもう匂いを感じることはできない。自分の鼻がその空気に慣れてしまうからだ。

 

 

1日86400秒あるうちの、たった1秒程度の出来事。そんな刹那のような時間でも、僕は幸せを感じてしまう。

 

 

よく「一分一秒を大切に」なんていう言葉を聞く。これは間違っていない。その通り、時間は大切である。

 

しかし、僕は、大切にするべきものは時間だけではなく、1日のうちの1時間、1分、もしくはほんの1秒でも、つまりその時間に、その時々に感じたこと、起こった出来事、そういったものも含まれるのではないかな、とも思う。

 

 

これを読んでいる人も、普段過ごしている時間の中で何をしたか、一つ一つ確かめてみてほしい。

 

 

たった1秒の出来事でもそれは、僕の人生の中では一つの小さな幸せだ。

 

 

ぺこ